タグ別アーカイブ: 高齢社会

訪問入浴のお仕事。

こんにちは。ハムイチです。

4月を迎え気温も温かくなり過ごしやすくなってきました。

街は桜が綺麗に咲きましたが、早くも既に散り始めています。

桜の見頃はあっという間に過ぎていきますよね。

さて、私は今年の目標にケアマネジャー取得を挙げました。

参考書で介護保険の概要と医療知識の復習を始めたところです。

ただ、雑学の固め打ちではどうにも参考になりません。

在宅で暮らしている方がどのような環境でどのように暮らしているのか自分の肌で感じないと今後の勉強にも身が入りません。

そのため、在宅看護の実際を少しでも現場で知りたいと思い、訪問入浴の現場に飛び込んでみました。

訪問入浴の現場へ

といっても、単発の派遣です。

1日だけ、訪問入浴を専門に扱っている業者に派遣看護師として働いてきまきました。

8時半に事務所に集合。

早速、3人でチームを組み現場に向かいます。

この日は6件のお宅に訪問する予定。

訪問するお宅は様々で戸建てもあればマンション、自営業兼自宅など様々。

1件あたりの滞在時間は30〜40分。

あっという間に終わります。

看護師である私が入浴前のバイタルサイン、その日の体調や入浴前後の処置の確認を行なっている間に2人の方が入浴機材を搬入して行きます。

気がつくと準備完了。

入浴が出来るとなればすぐに入浴開始。

自身で身体を動かせる方もいますが寝たきりの方もおり全て看護師と介護士で着替え、入浴、処置を行います。

一人暮らしの方もいれば、同居の家族がいる方もいます。

本当にお宅や利用者さまによりけり。

病院での入院生活とは違い、それぞれのお宅に世界があります。

一件一件訪問するたびにその世界が違うため順応するのに忙しいですが、「次はどんなお宅でどのような方だろう」と楽しみな面もあります。

チームを組んだ2人の方にも良くしてくださり、無事に1日の業務が終了。

ますます、在宅看護への志が高くなりました。

この1日でも軟膏の適用や胃ろうの処置など気になる点もありました。

この経験を無駄にしないためにも課題として今後のスキルアップに活かしていきたいと思います。

学研 訪問入浴のについて

https://www.cocofump.co.jp/articles/kaigo/115/

2022年度の目標

こんにちは。ハムイチです。

2022年も4月を迎えました。

学校の入学や新社会人として会社に入社など新生活を迎える方もいらっしゃると思います。

生活の拠点や人間関係に変化がある時期ですので、気疲れなど徐々に疲労が貯まる時期でもあります。

皆さま、体調には気をつけてお過ごし下さい。

さて、私は看護師をしていますが、昨年異動した現在の職場にも慣れ、人間関係も良好です。

時折、ご迷惑をかけているかと思いますが、良い先輩後輩に恵まれており日々仕事に取り組む事が出来ています。

看護師としては今年で6年目を迎えます。

途中で辞めることも考えましたが、当時の仲間と励まし合いなんとか続けることが出来ています。

そんな私ですが、今年度の目標を決めました。

ケアマネジャーを取得する事です。

ケアマネジャーとは、正式名称 介護支援専門員という資格です。

介護を必要とする人に最適なプランの作成やサービスの調整などを行い、利用者とサービス提供者などの橋渡しをする役目を担っています。

この資格は看護師を取得する前から将来的に取得を考えていましたが、臨床経験5年が取得のノルマでした。

この4月でそのノルマをクリアしました。

また、現在の職場でもこの資格取得が推奨されている訪問看護への関心が高いことも資格取得の後押しとなりました。

看護師は病院で働いている方が多いと思われますが、年々、訪問看護ステーションも増加傾向にあります。

以前から国の方針で療養型病院などで最期を迎える方を減らし、可能な限り自宅で療養することが推奨されています。

今後もこのような傾向は続くと思われます。

実際、病院での療養は患者さんやご家族の意向に添えない事も多く、自分らしい生活とはいえません。

さらに、毎月の費用もかさみ、病院での療養は高齢社会の日本にとって重要な課題の一つです。

そんな事は何年も前から叫ばれていますが、私も看護師としての経験値もある程度積んできました。

これまでは急性期病院で勤務していましたが、数年後には在宅で暮らす患者さんの看護にあたることを想定して、ケアマネジャー取得を目標に掲げました。

資格試験は毎年10月に行われているため、これから少しずつ勉強していきたいと思います。

ただ、日々の仕事の内容も試験と重なる事も多いため、日々の仕事をケアマネジャー資格試験と重ねながら根拠を突き詰めていきたいと思います。

当然、現在の急性期病院での仕事も日々分からない事が発生しています。

現在の仕事を疎かにせず、将来に向けての準備も少しずつ進めていきたいと思います。

生涯学習のユーキャンより

https://www.u-can.co.jp/%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%8D/column/column01.html